黒田勇樹の劣化、廃人っぷりがすごい!朝から酒浸りのダメ人間生活の中身は…

歌手・中村瑠衣さんとお互いにDVを主張し、泥沼離婚劇から見せていた黒田勇樹さん、今年5月に正式に離婚も、離婚からわずか3週間の離婚報告会で新恋人の存在を告白していました。
黒田さんと言えば、子役デビューも10年に俳優業から引退、現在はハイパーメディアフリーターを名乗って活動中。
その黒田さん、先日フジテレビ系「アウト×デラックス」に出演、朝から酒を飲み、酒浸り状態なダメ人間ぶりを告白。
他にもギャンブルや自殺未遂をしたことも告白、そして
「誰か僕を300万で買ってください!!!」
と衝撃発言!
劣化も言われ続ける黒田さんに一体何があったんでしょうか?

【新品DVD】【5000円以上送料無料】...

【新品DVD】【5000円以上送料無料】…
価格:1,700円(税込、送料別)

詳細は・・・ブログランキング

 「誰か僕を300万円で買ってください」―――元俳優で、現在はハイパーメディアフリーターを名乗る黒田勇樹さん(31)がテレビ番組でそう訴えた。
ネットでは「黒田のダメ人間っぷりがハンパない!」などと話題になっている。

300万円はかつての所属事務所に返していない借金で、これがネックになり別の事務所に移籍ができない。
仕事はあるにはあるが、朝から酒を飲んでいるため「酒気帯び労働」になっている。
こんな風に自分がなってしまったのは子役時代の栄光が影響している、などと語った。

常に酒を口にしては布団に沈み込む生活

黒田さんは2013年7月4日放送のフジテレビ系トークバラエティー「アウト×デラックス」に登場し妙なハイテンションで話し始めたが、その 目は赤かった。
緊張したせいようにも見えたが、実は常に酒が手放せない状態で、この日はテレビの収録があるため3時間前から酒を控えていたと語った。

黒田さんは1歳から芸能活動を始め、1988年にNHK大河ドラマ「武田信玄」に子役で出演し、俳優デビューした。
ここから一躍スターダムにのし上がり、映画、テレビ、舞台で主役を務め天才子役の名を独り占めにする。

98年の山田洋次監督作品「学校III」では日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞した。
2000年頃から大人の役に移っていったが、子役時代ほどの輝きはなく、次第に出演本数も減っていった。

俳優を辞めたきっかけは、27歳のときに体を壊し舞台を降板してしまい仕事が激減。
所属事務所から契約の更新ができないと言われ「引退します。外の世界を見てきます」と答えたこと。

それが3年前で、肉店のバイトなどをしたが続かず、12年8月の結婚後もDV問題で騒動になり1年も経たずに離婚。
自殺未遂までしてしまいどうしたらいいか分らない時期が続き、常に酒を飲んでは布団に沈み込むようになったと黒田さんは明かした。

「自分を誤魔化すために酒を飲んでいる。ギャンブルをやっている」
なぜこうなってしまったのか。黒田さんは、
「マコーレー・カルキンからの系譜ですよね」
と説明した。
カルキンは大ヒット映画「ホームアローン」の主演子役で、将来が嘱望された。
しかし、未成年飲酒のほか、薬物、マリファナの所持などで逮捕され、俳優への復帰は絶望などと言われた。それと自分が重なるというのだ。

酒を常に飲んでいる理由について、
「自分が全盛期のときの刺激が、一番多感な頃の刺激がもう感じられないから、どうにか自分を誤魔化すために酒を飲んでいる。ギャンブルをやっている」
と明かした。
子役の時にはスポットライトを浴び大歓声を浴びる刺激に溺れていた、ともいう。

黒田さんは今、ゴールデン街のバーテンダーやウェブサイトの記事を書くことで生活している。
そして、映画出演や、演劇学校の教師、映画監督の依頼が来るようになり、そうした仕事の時だけは体が動く。
ただ、子役の頃の感覚が蘇ってしまいブレーキが掛かるが、「何をやっているか分らないほど命懸けでやる」ことで乗り越えていると話した。

番組の司会の矢部浩之さんが、黒田さんに対し、完全復活も近いのかと聞くと、
「今は(自分の)イメージが悪いんで。
前の事務所に(300万円の)借金があるし、それを返さなければ他の事務所に移れない。誰か僕を300万円で買ってください!!!」
と訴えた。
(以上J-CASTニュースから引用)

私の中では黒田さん、っていうとどうしても「人間・失格」なんですよね〜。あのいじめっぷりが当時の私には衝撃でした…。

子役から活動していると、確かに色々苦労はあるとは思うけど…。
ちょっと黒田さん、大丈夫なんでしょうかね?
ここまでくると、バラエティ番組なのに笑えないし、逆に心配になりますが…。

新恋人の存在はどうしたんでしょうかね?
恋人の為にも早くこんな生活から抜け出してほしいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す