北陽の虻川美穂子さん、夫との事を相談で号泣!旦那さんとの間に何が…

女性お笑いコンビ、北陽の虻ちゃんこと虻川美穂子さん。
最近では2010年の9月に、イタリアンレストランのオーナーシェフ桝谷周一郎さんと結婚しましたよね。

そんな虻川さんが、昨夜11日に放送された日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」に出演されました。
この「ナイナイアンサー」は芸能人の悩みに個性豊かな相談員が悩みを解決するというもの。

についての悩みを番組内で相談した虻川さんが、まさかの大号泣

虻川さん夫婦の間に何があったのでしょうか?
旦那さんとの関係は…?

【送料無料】逃走中16 〜run for money...

【送料無料】逃走中16 〜run for money…
価格:3,591円(税込、送料別)

女性お笑いコンビ、北陽の虻川美穂子が11日に放送された日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」に出演。少女時代からのトラウマに気付かされ、号泣する場面があった。

虻川は、イタリアンレストランオーナーシェフで夫の桝谷周一郎氏に「女としてまた愛されたい」などと番組に相談を持ちかけた。悩みの内容は、「手をつないだり、添い寝したり触れ合いたいのに、(夫が)拒絶反応する」というもの。

相談員の心理カウンセラーは、女性らしい服に拒否反応を示す虻川の言動などから、「女の子扱いされてこなかったでしょう」と鋭く指摘。
虻川は、その言葉に一瞬にして「青いジャンパーを着て父のノックを受けている子供時代の自分の映像や、ソフトボールをやっていた高校時代の映像がよぎった」と涙ぐみながら告白。カウンセラーから「『私は女の子だよ』と言ってみて」と言われると、唇を震わせ、みるみる号泣した。

続けて、「何だこれ?意味が分からない」と口にすると涙が止まらなくなり、虻川の後ろに座っていた女医でタレントの西川史子も涙。

「ソフトボールをずっとやってたので、髪を短くして、『強くならなきゃ、もっと速い球を投げなきゃ』と思うようになっていた」と自身も気付いていなかった少女時代のトラウマに気付かされ、涙、涙…。

いつもは強気で毒舌キャラで知られる西川も、「女の子だったら、絶対(みんな)頑張ってる。共感できる。(私の胸に)刺さりました」とボロボロ涙を流し、共演の女優・奥山佳恵から「先生もいろいろあったからね」と声をかけられ、少女のようにうなずいていた。

虻川は桝谷氏と2010年9月に結婚した。
(デイリースポーツから引用)

以前も虻川さんはご主人に「女として見られてない」なんて言っていたことがありました。
女芸人という職業もあってなかなか難しいのでしょうか。

ただ虻川さんは料理が苦手で、出演した料理番組ではゲストから激怒されたこともあるそうですが、
最近ではお料理にも力をいれているのか、自身のブログでもシェフのご主人に手料理をほめられた、
とうれしい気持ちを書いていました。

虻川さんなりに色々と陰ながら努力されてると思います。
悩みが解決され、虻川さんに新たなおめでたいニュースが聞けるのを楽しみにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す