松坂桃李、主演男優賞をすっぽかし?!行方不明の理由は田島優成の失踪と同じ理由か?

俳優松坂桃季さんが、昨年主演した映画「ツナグ」で「第22回日本映画批評家大賞」の主演男優賞を受賞されました。

「ツナグ」は辻村深付きさんの同名ベストセラー小説を映画化した作品。
松坂さんは、2日に都内のホテルで行われた授賞式に出席も、松坂さんが授賞式に現れず関係者は大慌て!?

松坂さんは、先月主演舞台を「公演時間を間違えた」という理由ですっぽかしてしまい失踪?!行方不明?!と騒ぎになった俳優田島優成さんと同じ事務所。
わずか10日程の間に同事務所の俳優が「現場すっぽかし」となっては一大事。

松坂さんは、授賞式に現れたのでしょうか?

【送料無料】 TORing 松坂桃李コン...

【送料無料】 TORing 松坂桃李コン…
価格:2,100円(税込、送料込)

詳細は・・・ブログランキング

 実力派の若手俳優、松坂桃李(24)が冷や汗を流して真っ青になった。

松坂は昨年主演した映画「ツナグ」で「第22回日本映画批評家大賞」の主演男優賞を受賞。2日、都内のホテルで行われた授賞式に出席した。

当初の予定では松坂が登壇するのは、主演女優賞・安藤サクラ(27)と監督賞・北野武(66)の間だった。
だがどういうわけか、待てど暮らせど松坂は会場にやって来ない。仕方なく主演女優賞の後の松坂の表彰を飛ばし、監督賞の表彰になってしまった。

これに慌てたのは事務所関係者だ。このまま松坂が来なかったら、あの悪夢が再び――。
実は、松坂が所属しているのは、先月21日に出演予定の舞台「効率学のススメ」に姿を現さず公演中止となる前代未聞の騒動を起こした俳優・田島優成(25)と同じ事務所。

わずか10日ほどの間に、同じ事務所の役者が2人も「現場すっぽかし」となっては、どれほどヒンシュクを買うか。
もし間に合わなかったら「事務所がムリなスケジュールを組んだ」と言われても仕方がない。松坂が青くなるのも当然だ。

「何とか間に合ってくれ!」との関係者の祈りが通じたか、松坂は授賞式終了直前に到着。最後に表彰されて、何とか授賞式は無事終了した。

この日の松坂は、さいたま市内で行われた舞台に出演。その後に授賞式に直行するスケジュールだった。終了後の取材に松坂は「道路が渋滞して…。
ホントに ハラハラしました」と安堵の表情。「(車からマネジャーが連絡したら)もう安藤サクラさんの番になってて『ダメだ、間に合わない!』と思いました。
よかっ たです、間に合って」と笑顔を見せた。この言葉は、事務所関係者全員の本音だったのは間違いない。
(以上東スポWebから引用)

うーん、松坂さんは舞台に出演していたわけだから、田島さんの件とはちょっと違うような…。

まあ、間に合って本当によかったですね!
主演男優賞もすごい!!桃季くん、本当に大活躍ですね〜。

これからも殿を応援します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す