川島なお美の夫への過干渉は失明した目の病気のため?病名とその真相は?

先日ダニ退治の為にたいたバルサンの煙を吸ってしまい、病院に駆け込んだと話題になった川島なお美さん。

その川島さんが、先日出演した日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」で、川島さんのである有名パティシエ・鎧塚俊彦さんについて語ったそうです。

以前から度々、川島さんの鎧塚さんへの干渉がひどく、”別荘”であるサウナに入り浸っている、などと報道されてきた川島さん。
その川島さんの行動はなんと、夫の病気を心配するあまりの行動だった?

昨年、病名:網膜中心静脈閉塞症で左失明危機と明かした鎧塚さんの闘病生活を献身的に支える川島さんに、賞賛の声が多数上がっているそうです…。

【送料無料選択可!】Legend Gold 〜伝説のス...

【送料無料選択可!】Legend Gold 〜伝説のス…
価格:1,683円(税込、送料別)

詳細は・・・ブログランキング

 タレントの川島なお美が夫である有名パティシエ・鎧塚俊彦氏の病気について、あるテレビ番組で語った。
献身的に夫の闘病生活を支えてきた彼女の姿を称賛する声が多数あがっている。

9日の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)に出演した川島なお美。
彼女は夫の鎧塚俊彦氏が網膜中心静脈閉塞症を患い、左目の視力がほとんど失われていることを明かした。

夫の闘病生活の間、川島は彼の体調が心配で夫との外食や飲酒を控えるように知人や友人にまでうるさく言っていた時期があるという。
その頃、週刊誌に「夫が束縛されて嫌がっている」と報じられてしまったのだ。夫を心配するあまりに、干渉しすぎて誤解されたようだ。

また、鎧塚氏が外では気を遣ってニコニコしているのに、自宅では「何でこんなことで怒るの?」と彼のことを理解できないという悩みを打ち明ける。
さらに川島 は他人に弱みを見せることができず、病気の夫を支えるには「自分が強くならなければ」と気をはっていて鎧塚氏にさえ本音を言えなかったと語ったのだ。

この放送後、ネット上では川島に対して「すごい良い奥さんだ」といった称賛の声が多数あがっている。
また「わがままな人だと思っていたけど、夫を本気で心配 する本当に良い妻」、「今まであまり好きじゃなかったけど、良い人かも」、「この人のこと誤解してた」などテレビでのわがままな印象を払拭するようなコメントが多いのも特徴だ。

女優の中にはテレビでの発言や役柄などで、傲慢なイメージが付いてしまう人がいる。
川島もそのひとりと言えるのかもしれない。
しかし今回の放送によって、川島に対する印象が変わっていくはずである。
(以上TechinsightJapanから引用)

川島さんのイメージ、一気に変わりましたね!!

ただ、川島さんの気持ちがご主人に伝わってなく、サウナに入り浸りというのは悲しいですね。

またご主人のご飯にもすごく気を使っている、とも以前いわれていた川島さん。
中々生活習慣を変えるのは難しい事だとは思いますが、少しでも川島さんの気持ちが伝わり鎧塚さんの病気がよくなるといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す