吉高由里子の、柴咲コウのガリレオ参加にクレーム!そのために福山雅治の出番が激減!!

平均視聴率20%以上をキープする、福山雅治さん主演の人気ドラマ「ガリレオ」。
前作で福山さんの相手役であるヒロインを演じていた柴咲コウさんが主演を務めるスピンオフが今月22日に放送されます。

今作の「ガリレオ」のヒロイン交代劇には柴咲さんと吉高由里子さんの確執が囁かれていましたが、今回のスピンオフを巡り吉高さんが脚本にクレームを入れた事で、またまたトラブルに…。

吉高さんのクレームによって、スピンオフに準主役として出演するはずだった福山さんの出番が、大幅に削られてしまったそうです。

ガリレオファンには何とも残念な結果になってしまった今回のスピンオフ、吉高さんがクレームを入れた理由とは?
柴咲さんと吉高さんに一体何があったんでしょうか?

詳細は・・・ブログランキング

 初回視聴率で今期最高の22.6%、現在まで平均20%以上をキープする絶好調のドラマ『ガリレオ』(フ ジテレビ系)だが、いまだにヒロイン交代劇の余波は続いているようだ。
前作までヒロイン・内海薫を務めていた柴咲コウが、今作の第1回でバトンタッチする形で、ヒロイン役を吉高由里子とチェンジした。

「各報道では『柴咲が傲慢にオファーを断った』として、柴咲VS吉高の確執がささやかれていました。
中には『柴咲が吉高の枕営業を暴露した』といったものまでありましたが、実情はそこまでの“泥沼交代劇”はありませんでした。
柴咲側が『スケジュールの都合で撮影時間を作ることが難しい』と降板を申し入れたのは事実のようですが、今回の交代について、両者をめぐる確執が現在まで尾を引いていることはないようです」(芸能プロ関係者)

ドラマの主題歌は柴咲が担当していることからもわかるように、報道されているほど、両者の関係は険悪ではなかったという。
しかし今月22日に放送される柴咲主演のスピンオフ作品『ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ』については、両者の間でトラブルがあったようだ。

「スピンオフ作品には、柴咲だけでなく、主演の福山雅治、吉高、北村一輝ら『ガリレオ』のメーンキャストが勢揃いする内容で、福山に関してはほぼ準主演の扱いでした。
しかしこの脚本に吉高がかみつき、『自分の都合で降板したくせに、福山が全面的に出演するのはおかしい』と、フジサイドにクレームを入れたんです」(週刊誌記者)

良好な関係が続いていたはずだった柴咲と吉高だが、この一件で状況は一変。
フジサイドもこの要求についてさまざまな検討を行ったが、結果として吉高の意見が採用される形になってしまったという。

「吉高は福山と同じ事務所ということもあり、結局フジサイドは吉高の要求をのむことになりました。
実際に企画の段階と比べて、福山の出番は大幅に削られてしまったそうです」

『ガリレオ』や福山ファンにとっては、少々残念な結果になってしまったスピンオフ作品。柴咲VS吉高のいざこざは、今後どこまで波紋を呼ぶのだろうか?
(サイゾーウーマンより引用)

ガリレオファンの私、ものすごく残念です…。
素人の私からすると、柴咲さんのスケジュールの問題なら降板も仕方ないと思うんですけど、これは福山さんの出番が少なくならなきゃいけないほどなんでしょうか??

一部で吉高さんのキャラが不評で急に静かになった、とか出演時間が減ったなどという話も。そのせいで柴咲さんに…、なんてことは考えすぎでしょうか(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す