ベルサイユのばらの新作の大反響を受けて、更に続編がこの秋発表!!

あの、ベルサイユのばら新作が4月に40年ぶりに掲載され大反響!
売り切れ店が続出で、今月5日発売の第13号にマーガレットに再掲載。

そしてこの反響を受け、今秋10月19日発売のマーガレット第22号にまたまた読み切りの続編が…。

読者の要望に応える形となった今回の続編、スペシャルバージョンでの再掲載になるそうです。
一体どんなお話になるんでしょうか?

ベルサイユのばら -オスカ...

ベルサイユのばら -オスカ…
価格:10,500円(税込、送料別)

詳細は・・・ブログランキング

池田理代子さん のマンガ「ベルサイユのばら」の40年ぶりの新作「ベルサイユのばら エピソード」が5日発売のマーガレット第13号に再掲載された。
同作は4月20日発 売のマーガレット(集英社)第10号の「50周年記念別冊ふろく」に掲載された。
また10月19日発売のマーガレット第22号に読み切りの新作が掲載されることも明らかになった。

今回は前回の小冊子とは違い、マーガレット本編に掲載され、池田さんによる描き下ろしカラー扉に加え、冒頭の4ページをカラー着色したスペシャルバージョン。
編集部によると、10号は反響で売り切れ店が続出し、読者の要望に応える形での再掲載という。

「ベルサイユのばら」は72年から2年間、週刊マーガレット(同)に連載され、アニメ化、舞台化もされた人気作。
18世紀後半のフランス革命を軸に、男装の麗人オスカルとその幼なじみアンドレ、王妃アントワネットとスウェーデン貴族フェルゼンなどの恋愛模様を描いており、新作はオスカルと出会う前のアンドレの少年時代のエピソードが描かれている。
(以上まんたんウェブから引用)

本当に4月発売のマーガレットはすごかった…。
発売日当日に買いに行けず、2、3日後に書店に出かけたら売り切れ!
自宅近所の書店、何件も電話しましたがどこも売り切れ、取り寄せも無理…、甘く見てました。

結局、ある書店で取り寄せができるとの事でお願いして無事に購入できましたが…。改めてベルばら人気はすごいって目の当たりにしました。

今秋の再掲載も本当に楽しみです。
一体どんな作品になるのか今から楽しみです。今回は予約しようと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す