みんなの声で分かったゴールデンボンバーの年収!あまりの額に鬼龍院翔はノイローゼに…

CMソングに起用された「女々しくて」が大ヒット、最近では「ソフトバンク」や「ミスタードーナツ」のCMにも出演、お茶の間の人気者になったゴールデンボンバー

その金爆の全ての楽曲制作を担当しているボーカルの鬼龍院翔さんのもとに、最近多額の印税が入ってきたそうです。

数年前まで極貧の下積み生活を送ってきた金爆だけに、多額の印税より跳ね上がった年収にメンバーも戸惑い、鬼龍院さんに至っては「ノイローゼになりそう」と…。

そして事務所スタッフが「もう今までのような歌詞が書けないかも」と鬼龍院さんを心配する声も…。

鬼龍院さん、どうしたんでしょうか?
そして鬼龍院さんの印税の意外な使い道とは…?

【送料無料】女々しくて(CD+D...

【送料無料】女々しくて(CD+D…
価格:1,350円(税込、送料込)

詳細は・・・ブログランキング

 CMソングに起用された「女々しくて」が大ヒットし、エアバンドというこれまでにないスタイルも注目を集め、インディーズながら昨年『NHK紅白歌合戦』に出演したゴールデンボンバー。

「ソフトバンク」や「ミスタードーナツ」のCMにも出演するなど、すっか りお茶の間の人気者だ。その中でボーカルを務め、すべての楽曲制作を担当する鬼龍院翔には最近多額の印税が入ってきているという。

「ある番組の収録で自ら告白していたのですが、鬼龍院には印税が3億円も入ってきたとか。想像以上の金額にスタッフもドン引き。『さすがにこの額は笑いにならない』という理由でカットされたと聞いています」(バラエティ制作スタッフ)

ファンから差し入れでプレゼントされたふりかけで飢えをしのぐなど、数年前まで極貧の下積み生活を送ってきたゴールデンボンバーだけに、多額の印税には本人たちも戸惑っているという。

「吉本興業の養成所・NSCに通い、一時はお笑い芸人を本気で目指していたとは思えないほど、プライベートの鬼龍院は地味で暗い。

もともと食も細く、ファッ ションにもあまり興味がない上に交友関係も狭い。そのため多額の金額を手にして、どう使っていいかわからないらしく、『金額見てノイローゼになりそうです』で身近なスタッフにぼやいているようです」(音楽ライター)

地味な鬼龍院だけに、その印税の使い道もかなり慎ましいものだ。
「なんでも、『近所のコンビニまでタクシーで行って、タクシーを待たせてカゴ一杯になるまで買い物するのが最近のストレス発散法』らしい(笑)。
そんなのせいぜい数万円なのに、鬼龍院は『大金を手にして感覚が変わってきている。もう今までのような歌詞が書けないかも』と心配しているんですよ。
もともと悩みやすいタイプなので、このままノイローゼにならないか事務所スタッフは不安がっていますよ」
(広告代理店社員)

高額を手にしたとは思えない言動だが、一般感覚を忘れていない鬼龍院だけに今後の芸能活動も堅実に生き抜いていけるかもしれない。
(以上サイゾーウーマンから引用)

鬼龍院さんて、そんな地味キャラだったんですね。

確かにブレイクしたことで一気に生活スタイルがかわったと思うけど、これからも金爆らしい曲を書き続けてほしいです。

それにしてもタクシーでコンビニ行ってかご一杯のお買い物がストレス発散ってかわいいですね〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す